「自動車保険に入っていれば、安心?」保険代理店が、絶対に教えてくれないリスク!

保険を販売している人たちが、絶対に教えてくれないリスクがあるってご存知ですか?

 

「知りません」

なぜ、教えてくれないのか!?

 

答えは、簡単。

そのリスクに対応できる保険が無かったから。

保険会社の社員が、販売員(代理店)に教えないから、知らないのです。

その重大なるリスクを知っている極一部の優秀な代理店でも、そのリスクに対応できる保険が無ければ言うだけ無駄。言わないですよね。(笑)

 

『どんなリスクでしょう!?』

 

もし、自動車かバイクに乗って(こちらに過失が大きい)事故を起こし、相手の方が死亡してしまったら・・・

 

当然、自動車保険で対人無制限に入っていますから「法律上の賠償責任」は、何億円かかろうと保険会社が支払ってくれます。

しかし、ちょっと考えてみてください。

あなたは謝罪に行かなくてはいけません。

もしかしたら通夜や葬儀に行って誠意を見せるでしょう。

その時、「何を持って行きますか?」

菓子折りですか?

5万円程度ですか、10万円ですか?

そんなもので許してもらえますか?

損害賠償金は保険会社が支払ってくれる。

でも、あなたの誠意は示しましたか?

 

被害者遺族はこう罵るでしょう。

「保険会社が賠償金を払えば済むと思っているのか!」

「お前に、誠意は、無いのか!」

誠意は「お金」です。(一般常識)

 

もう1つ!

死亡事故を起こすと、高額な罰金が科せられます。

すぐに支払わないと、交通刑務所へのお勤めになってしまいます!

「あなたは、すぐに払えますか?」

 

 

画期的な保障が登場しました!

 

認可共済で「被害事故」でも「加害事故」でも契約者に、

即金で500万円を払ってくれる共済が登場したのです。

もし、加害事故で相手の方を引き殺してしまった時には、この500万円を持って謝罪に行くことで示談交渉が穏やかに解決するでしょう。

もちろん、全額持って行かなくてもよいのです。

一部を遺族にお渡しし、残りは自分のために使ってもよいのです。

死亡事故を起こしたあなたは、パニックとなり、仕事も手に尽きません。会社も辞める(辞めさせられる)ケースも多いようです。そんな時、生活費の足しにすることもできます。

あなたがもし交通刑務所に入らなくてはいけなくなったとしても、この500万円のうち数百万円を家族に残しておけば、当面の生活の心配は無くなります。

 

死亡事故だけでなく、後遺障害を残した場合でも最大500万円がもらえます。
骨折や入院にも対応しています。

 

 

こんなにすごい内容でも、月々たったの1,000円です。

 

興味が出た方は、こちらをクリック!

モーターフリーク>>自動車保険プラスα(上乗せ共済)

 

 

こんな本も書いています!

30分でわかる生命保険5